大山山麓地域の日本遺産認定

4月25日、文化庁から平成28年度における日本遺産の認定が発表され、大山町、伯耆町、江府町、米子市が申請した「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」が認定となりました。
 県内では、認定第1号となった東伯郡三朝町の「六根清浄と六感治癒の地~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉~」に続き、2年連続の認定です。

<ストーリーの概要>
 「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」
  大山の山頂に現れた万物を救う地蔵菩薩への信仰は、平安時代末以降、牛馬のご加護を願う人々を大山寺に集めた。江戸時代には、大山寺に庇護され信仰に裏打ちされた全国唯一の「大山牛馬市」が隆盛を極め、明治時代には日本最大の牛馬市へと発展した。
  西国諸国からの参詣者や牛馬の往来で賑わった大山道沿いには、今も往時を偲ぶ石畳道や宿場の町並み、所子に代表される農村景観、「大山おこわ」などの独特の食文化、大山の水にまつわる「もひとり神事」などの行事、風習が残されている。ここには、人々が日々「大山さんのおかげ」と感謝の念を捧げながら大山を仰ぎ見る暮らしが息づいている。

 

【日本遺産とは】
文化庁が平成27年度から創設した制度で、地域に点在する有形・無形の文化財をパッケージ化し、我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定する仕組みです。 このストーリーを語る上で不可欠な魅力ある文化財群を地域主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化・観光振興を図るものです。 文化庁では、日本遺産を東京オリンピックが開催される2020年までに100件程度認定していく予定です。平成27年度には18件認定されており(鳥取県内では三朝町)、今回は全国で19件のストーリーが認定となりました。

商工観光課
お問い合わせ
電話:0859-68-4211
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ ページトップへ ページトップへ