熱中症を防ぎましょう!

熱中症の予防には「水分補給」「暑さを避けること」が大切です!

 

熱中症は、屋外だけでなく、屋内で何もしていないときでも発症します。

 

気温が上昇し、湿度も高いこの時期は熱中症の予防対策が重要です。

 

 

 

 熱中症.png

 

予防方法


  のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をする。


  外出時は帽子や日傘等で日差しを避ける。

 

・通気性・吸湿性のよい衣類を選ぶ。


  エアコンや扇風機を使い、室温が上が
らないよう注意する。
 

 

熱中症にかかったと思ったら

(めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気などの症状があった場合)



 ・  日陰で風通しのよい場所へ避難させ、すぐに体を冷やす。

 ・ 
重度の場合は、上記の処置をした上で、救急車を呼ぶ。

  (重度の症状)

  意識がない、呼びかけに対し返事がおかしいなどの状態。

 

 


 

熱中症は予防が大切です

熱中症予防に関連したリーフレット(環境省)

2014/05/12
鳥取県HP「熱中症を防ぎましょう」

2016/06/08
健康対策課・健康増進室
お問い合わせ
電話:0859-68-5536
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ ページトップへ ページトップへ