季節性インフルエンザ予防接種費用助成について

インフルエンザ予防接種費用助成について

 

   伯耆町では、季節性インフルエンザ予防接種を受けた方への助成を行います。

接種を受けようと思われる方は、郵送された受診券・助成券の内容をよく読んで、体調のよいときに受けてください。なお、対象者の方には、10月下旬に受診券・助成券を郵送しています。

対象者

 全ての町民 

 (※1歳未満の方については、接種を行っても充分な免疫をつけることは困難と考えられますが、保護者の方が希望されれば接種可能です。

 

助成対象期間

  65歳未満】平成30年101日(月) ~ 平成31年131日(木)まで

  【65歳以上】平成30年111日(木) ~ 平成31年131日(木)まで

 

助成内容(助成額)

助成対象者

 

1回目

 

2回目(※1)

 

65歳未満

 

(※2)1,000

 

1,000円   

 

65歳以上(60歳から64歳までの方で、一定の障害をお持ちの方も含む)

 

(※3)3,200円自己負担額1,000

 

生活保護受給者

 

全額

 

  ー

対象年齢は、平成311231日現在の年齢を基準としています。

 (※12回目の助成が受けられる方は、下記の通りです。

    13歳未満の小児 (13歳の誕生日前に1回目を接種された場合は、2回目の接種が必要です。)

 (※2)生活保護受給者以外の方で、65歳未満の方については、接種費用が医療機関によって異なるため、一律1,000円(定額)の助成となります。

 (※365歳以上の生活保護受給者以外の方は、自己負担額は1,000円となります。

助成方法

◎ 受診券(助成券)を利用する場合(医療機関窓口で助成を行います。)

65歳以上の方には『季節性インフルエンザ受診券』を本人宛に、65歳未満の方には『季節性インフルエンザ予防接種助成券』を世帯主宛にお送りしますので、送られた受診券又は助成券を医療機関に持参し接種を受けてください。

 ※  65歳以上の方は、別紙『委託医療機関一覧』にある医療機関で『受診券』が利用できます。
   65歳未満の方は、下記医療機関でのみ『助成券』を利用できます。
       下記以外で接種された場合は、『償還払』での助成となります。

 【助成券が利用できる医療機関】※町内の医療機関

     ・飛田医院          ・武田医院

     ・伯耆中央病院        ・大山リハビリテーション病院

     ・田中外科医院        ・仲村医院

◎ 償還払いを受ける場合(役場の窓口への申請により助成されます。)

●助成券到着前にすでに接種費用を全額支払った方、助成券を忘れて接種費用を全額支払った方、上記以外の医療機関(町外医療機関)で接種され、費用を全額支払った方等は、下記の申請場所で申請を行ってください。

(1)申請場所

   本庁舎:健康対策課健康増進室  分庁舎:分庁総合窓口課

(2)持参するもの

     ①予防接種済証(接種したことがわかるもの)  ②領収書

     ③口座のわかるもの(通帳等)         ④認印

(3)申請期限

   平成31年3月29日 (金)※期限を過ぎると申請できませんのでご注意ください。

■注意事項

・ 65歳以上の方は、『償還払』はできませんので、必ず接種される際は『受診券』を医療機関へ持参してください。紛失等した場合は、役場で再交付します。           

 

  問合せ先:健康対策課健康増進室 電話 68-5536

Icon 申請書(償還払:インフルエンザ).pdf (99.3 KB) Icon 高齢者インフルエンザ予防接種 医療機関 (101.0 KB)
インフルエンザと予防接種

2018/09/25
健康対策課・健康増進室
お問い合わせ
電話:0859-68-5536
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ