乳児家庭保育支援手当金支給制度

乳児(0歳児)家庭保育支援給付金の支給を実施します

伯耆町では、平成27年度4月から、少子化対策と乳児期の親子の愛着形成をはかるため、家庭で0歳児の保育を実施する保護者に対し、乳児家庭保育支援給付金を支給して経済的支援を行います。
下記の条件に該当される方で希望があれば、必要書類等とともに、福祉課へ申請してください。
 
対象者 給付期間 給付基準と単価
育児休業給付金等を
受けている方
乳児の月齢が満9月に到達した月から
満12月に到達する月までの間
(支給率が2/3から1/2となる月~
児童が満1歳に到達する月までの間)

育児休業給付金の支給算定基準月額の1/6/月
(上限72,500円、下限33,000円)
※H28年度から下限額を33,000円としました

育児休業給付金等の
受給者でない方
乳児の月齢が満4月に到達した月から
満12月に到達する月までの間

児童1人につき33,000/月
※2人の場合 5,000円/月を加算
3人以上の場合 2人目5,000円/月+
3人目以降3,000円/月を加算

【支給制限】
以下の場合に該当するときは支給を受けられません。
・保育施設等に児童を預けた場合。または、入所措置の対象となった場合。
・児童手当法の所得制限額を超過し、特例給付の対象となる家庭の場合。
・生活保護法による保護を受けている場合。
・保護者が乳児の養育を著しく怠っている場合。
・正当な理由なく支給認定関係調査に応じない場合 など。

【申請から支給までの流れ】

 ①保護者の方:役場・本庁舎福祉課へ申請
  申請時期…最初の支給対象月を過ぎるまで
  必要なもの…①印鑑(みとめ印・2種類)
        
②通帳など、受給者の振込口座のわかるもの
        
③本人確認用の身分証明書
        
④申請年の1月2日以降に転入をされた方
           
児童の父母の申請年度所得課税証明書(コピー可)

           

 ②担当課:申請内容を審査し、認定通知を郵送

           

 ③保護者の方:支給決定通知と必要書類を持参のうえ、給付金の請求手続き
  請求時期…支給対象月から2ヶ月後(育児休業給付金等を受給中の場合、支給決定後)
  必要なもの…①乳児家庭保育支援手当支給認定通知書
        ②
育児休業給付金支給額のわかるもの(給付を受けていない方は不要)
         「育児休業給付金支給決定通知」など
        ③印鑑(みとめ)

           ↓

 ④担当課:支給額決定、支給決定通知書を送付するとともに、手当金の振込

           ↓

 ⑤保護者の方:支給対象期間が終了するまで、2か月に1回、③の請求手続き

 

【ご注意など】

     ・申請と請求は別手続になります。
     ・申請は最初の1回、以降は2か月に1回、請求手続きが必要です。
     ・育児休業給付金等は基本的に後払い制のため、乳児家庭保育支援手当対象月以降の
      育児休業給付金等の支給決定を受けてから、請求手続きをお願いします。
     ・支給中に保育施設へ入所した、住所変更したなど、状況に変更などがあった場合は
      変更申請等の手続きをしてください。
 

   【お問い合わせ先】

     伯耆町役場 福祉課 福祉支援室 0859-68-5534

 

【申請様式】
    Icon 認定申請書(pdf) (53.0 KB)
    Icon 認定申請書(word) (44.5 KB)

【請求様式】
    Icon 請求書(pdf) (33.4 KB)
    Icon 請求書(word) (35.5 KB)
【消滅届様式】※転出の場合、保育所等に入所の場合など
    Icon 消滅届(pdf) (29.4 KB)
    Icon 消滅届(word) (33.5 KB)
【変更届様式】※住所等変更の場合など
    Icon 変更届(pdf) (26.2 KB)
    Icon 変更届(word) (33.5 KB)

福祉課・福祉支援室
お問い合わせ
電話:0859-68-5534
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ