大山春の一斉清掃

 大山を訪れる観光客をきれいな環境で迎えるため、毎年多くの人が訪れるゴールデンウィーク前の4月21日(日)、大山周辺で一斉清掃が行われました。
 伯耆町では、地元自治会や企業ボランティアなど約180人が参加し、桝水高原や周辺道路などを清掃しました。参加者は道路や山中に捨てられた菓子袋や空き缶などを拾い集め、可燃ゴミ、不燃ゴミなどあわせて約150kgのゴミを回収しました。
 美しい大山を守るため、自分で出したごみは必ず持ち帰りましょう。

参加したボランティアの人たち.JPG
ページトップへ