待望の伯耆歩道橋が完成

 日野川に架かる伯耆橋横に、歩行者用の橋が完成し、平成29年7月14日に渡り初め式が行われました。
 今までの伯耆橋の歩道は、道幅がせまく、朝の通学時には歩行者と自転車が接触したり、冬場の積雪時や凍結時にはスリップした車が歩道に乗り上げたりするなど、危険な状況でした。
 このため、歩行者、自転車が伯耆橋を安全に通行するため、平成24年度から伯耆橋の下流側に新しい歩道橋の設置工事が始まり、この度工事が完成しました。
 渡り初め式では、テープカットで完成を祝った後、岸本小学校の児童のほか式典参列者が米子側から岸本側へ歩いて渡り初めをしました。
 この橋の完成によって、地域住民の安全安心に大きな役割を果たすものと期待されます。

伯耆歩道橋を岸本小学校児童らが渡り初め
ページトップへ ページトップへ ページトップへ