スタントマンが自転車交通事故を再現〜岸本中学校自転車交通安全教室〜

自転車の交通ルールを守ることの大切さを学習する交通安全教室が6月7日、岸本中学校で行われました。
この教室は、JA鳥取西部とJA共済連鳥取が開催したもので、スタントマンによる自転車交通事故を再現しながら、交通ルールを守ることの大切さを学ぶ教室です。
当日は、大阪のプロスタント会社のメンバー7人が、自転車の一般的な速度15㎞/hで自動車に衝突して自転車の運転者が投げ出される事故や、見通しの悪い路地での出会いがしらの事故を再現しました。
教室に参加した生徒は、事故の怖さを認識した様子で「自転車に乗る時はルールを守って、事故を起こさないようにします」と話していました。

出会いがしらの事故.JPG
ページトップへ ページトップへ ページトップへ