楽しいイベント盛りだくさん

秋の風物詩として町民に親しまれている「岸本公民館きないや祭」が11月18日(土)・19日(日)に開催されました。
この祭りは、天保時代の吉長地内で牛馬や農具、たばこなどの物資が取り引きされていたのが始まりとされ、昭和38年から文化的行事が加わり、岸本駅前で開催されるようになりました。
現在は岸本公民館を中心に、飲食コーナーや趣味の展示などを行っています。祭り2日目は、公民館で無料のぜんざいがふるまわれたほか、和太鼓の演奏、コーラスグループの合唱などがあり、多くの人で賑わいました。
このほかにも、保育園児・小中学生の作品や公民館教室の作品展示、フリーマーケット、絵本の読み聞かせ、ロボット講座などいろいろな催しが行われ、子どもから大人まで、思い思いに祭りを楽しみました。

きないや祭りの様子 きないや祭りの様子 きないや祭りの様子
ページトップへ