国道181号岸本バイパス開通

伯耆町吉定から米子市諏訪に抜ける国道バイパスが全線開通し、11月23日(金・祝)に開通式が行われました。

交通事故の減少や、交通渋滞解消のため、平成10年度から工事が始まりましたが、地盤の強化対策や、遺跡の発掘調査が必要となったため、工事期間が延長され、全線開通まで20年かかりました。

当日は、開通行事として、日野川に架かる伯耆大橋の渡り初めを地元吉定集落住民が行ったほか、テープカットで開通を祝った後、ウォークラリーが開催されました。

このバイパスの開通により、交通事故の減少と交通渋滞の解消が期待されます。
 

供用開始前の道路を歩いて楽しみます
開通式
ページトップへ