秋の味覚を求めて

地元生産者が自慢の野菜や加工品などを販売する「森と清流の里ふれあい祭」が10月29日(日)、大山ガーデンプレイスで開催されました。
当日はあいにくの雨模様でしたが、野菜や果物、おこわなどの屋台が並びました。ほかにも、しめ縄作りの無料体験コーナー、毎年人気の景品抽選会などが行われ、多くの来場者で賑わいました。やきそばを購入した来場者は「とてもおいしい。雨なのにたくさんの人がいてびっくりした」と話しました。
チャリティの餅つき大会、ふれあい汁で寄せられた募金44,375円は、伯耆町社会福祉協議会へ全額寄付され、年末に実施する独居高齢者おせち配布事業費の一部として活用されます。

ふれあい祭りの様子 ふれあい祭りの様子
ページトップへ