音楽で会場がひとつに

 町内の音楽グループが日頃の練習の成果を発表し、新たな発見や交流を深めることを目的として、伯耆町民音楽祭が8月27日(日)、鬼の館で開催しました。
 伯耆みらい元気太鼓で幕を開けた音楽祭は、吹奏楽、合唱、大正琴、バンド演奏と色々なジャンルの全38曲が演奏されました。男女問わず、小さな子どもから高齢者までの参加があり、来場者は、それぞれ特色のある演奏に耳を傾け、大きな拍手を送っていました。
 フィナーレでは出演者、来場者全員で唱歌「ふるさと」を合唱し、音楽に包まれた楽しい一日となりました。

岸中、溝中吹奏楽部合同演奏
ページトップへ ページトップへ ページトップへ