読み込み中
写真01の説明文
写真01の説明文
写真02の説明文
写真03の説明文

タイトル用の文書枠

 

大寺の宝篋印塔・福樹寺 おおてらのほうきょういんとう・ふくじゅじ

観る

南北朝時代のゆかりを伝える文化財

コピー用の文書枠

 

福樹寺境内の石段を上った高台の大寺観音堂前にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)。
享保3年(1718年)、大寺の人々と米子市東八幡の人2人、南部町田住の人2人によって造立されました。石工は、泉州日根郡男里村(大阪府泉南郡男里)の人で、均整の取れた立派な塔です。
宝篋印塔とは、塔の内部に「宝篋印陀羅尼(ほうきょういんだらに)経」を納めたことに由来します。「宝篋印陀羅尼経」を唱えれば地獄の先祖は極楽に至り、百病・貧窮の者も救われるということから、中世以来盛んに造立されています。

お問い合わせ用文書枠

お問い合わせ大寺の豊篋印塔・福樹寺

住所 鳥取県西伯郡伯耆町大殿1171
TEL 0859-62-0712(伯耆町役場・教育委員会事務局)

より大きな地図で 大寺の豊篋印塔・福樹寺 を表示

イベント情報用文書枠

今なにやってる?イベント情報

近隣施設用文書枠

ここも行ってみる?近隣施設

大寺廃寺の心礎・石製鴟尾

観る

白鳳時代の寺院の名残を伝える心礎と石製鴟尾

岸本温泉ゆうあい・パル

くつろぐ

温泉・プール・トレーニングルーム・レストラン完備の温泉施設

伯耆の国山岳美術館

観る食べる体験する

「山岳文化の創造」「地域文化の振興」をテーマにした美術館