EXHIBITION

植田正治写真美術館Vol.18-1

風の記憶―植田正治の私風景

風の記憶           風の記憶(裏)

1.      開催概要

展覧会名〇風の記憶―植田正治の私風景

会  期〇平成2469日(土)――99日(日)

開催時間〇午前9時から午後5

休館日〇毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日)※ただし、814日、15日は開館します。

会  場〇植田正治写真美術館

    鳥取県西伯郡伯耆町須村35336894107

    Phone.0859-39-8000  FAX.0859-68-3600

入館料〇一般800円(700円) 高校・大学生500円(400円) 小学・中学生300円(200円)

    (  )内は20名以上の団体料金です

主  催〇鳥取県伯耆町/財団法人植田正治写真美術財団

2.開催主旨

植田正治は、生まれ育った山陰を中心に活動を続け、ありふれた身の回りの風景を「写真」にしています。住み慣れた土地の見慣れた事物であっても、山陰の風や光は、新鮮な感覚と新しい発見を植田にもたらし、創作意欲や遊び心を掻き立てたのでしょう。植田の自由で多彩なイメージは、写真表現の無限の可能性を感じさせてくれます。

シリーズ〈風景の光景〉(197080年)は、なにげない風景を自身だけの光景として捉えアプローチした作品群であり、植田の私風景ともいえます。光や影が描き出す美しい風景を単に写しとるのではなく、自身の心の動き、感情を加えることによって独自のイメージを追い続けたのです。また、カラーで撮影され、〈とおい風の譜〉(1983年)として発表された作品からも、チャレンジ精神旺盛な写真家の姿が感じられます。「すこしばかりセンチで、追想的な世界を、ソフトフォーカスでもモノクロームでもない写真で撮ろうとおもいました」と植田は語ります。単純な風景美の記録ではなく、独特のアングル、手法で、新たな表現を試みたのでしょう。一期一会の出会いを大切にしながら、被写体との距離を意識し、まるで対話を試みるかのような植田の写真は、どこか詩的な感覚に溢れています。

今回の展覧会では、〈風景の光景〉や〈とおい風の譜〉などのシリーズを中心に、植田の風景写真を紹介します。

3.主な出品作品

桐 1935

ヒトデのある風景 1938

シリーズ〈風景の光景〉より 197080

シリーズ〈とおい風の譜〉より 1983

4.お問合せ

展覧会に関するお問い合わせは、植田正治写真美術館学芸担当までお願いいたします。

 

 

 

 

BACK  総合目次展覧会紹介>風の記憶―植田正治の私風景