EXHIBITION

 
植田正治生誕100年特別企画展
子どもたちの時間
植田正治とロベール・ドアノー

   
概要
展覧会名:植田正治生誕100年特別企画展
       子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー
会   場:植田正治写真美術館
        〒689-4107鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
       tel:0859-39-8000  http://shojiueda.jp/
会   期:2013年10月5日(土)−11月30日(土) 休館日・火曜日
開館時間:午前9時から午後5時(入館は閉館30分前まで)
入館料:一般800円(700円) 高校・大学生500円(400円) 小・中学生300円(200円)
     (  )内は20名以上の団体料金です。

展覧会内容
今年2013年は、植田正治生誕100年にあたります。これを機に開催している特別企画展の第3弾は、植田と
同時代を生きた著名な写真家ロベール・ドアノーとの二人展です。

植田正治が生涯にわたりこだわった山陰、ロベール・ドアノーが愛したパリ。慣れ親しんだ地で多くの被写
体にカメラを向け続けた二人の写真家は、時代も国境も越え高い評価を得ています。生来の実験精神と遊び
心溢れる感覚で、写真表現の可能性を追究した二人には、直接の交流や影響がないにも関わらず、その作品
からは「家族」「演出」といった多くの共通ワードを見出すことが出来ます。本展では、そのワードの一つ「子ども」を
メインテーマに彼らの創造の秘密に迫ります。

今回、ドアノーのご遺族のご厚意により日本初公開となる作品を含む約70点もの貴重なプリントを特別に
展示させていただくこととなりました。1996年、フランス政府が芸術文化勲章を植田に叙勲したことは、その
独特の表現スタイルをフランスがいち早く認め、広く理解されている証です。さらにフランスの国民的写真家
であるドアノーとの二人展が実現することは、植田の生誕100年を祝う最高のオマージュとも言えるでしょう。

植田正治写真美術館のみで開催される今回の展覧会は、20世紀を代表する二人の偉大な写真家の魅力を
同時に堪能できる貴重な機会です。無限の可能性を秘めた写真、いわば「魔法のメディア」によって生み出された
彼らの「愛しきもの」のイメージの数々は、私たちに多くの感動と喜びを与えてくれるでしょう。

Profile
植田正治(うえだ・しょうじ)
1913年鳥取県生まれ。1930年代から写真雑誌への投稿などで頭角を現し、戦後、独創的な家族写真や
鳥取砂丘での演出写真が注目される。1950年代はじめリアリズム運動などで、演出写真は中断するが、
1971年の写真集『童暦』の刊行を機に、国内外で高く評価される。1972年に初めてヨーロッパを訪れ、
1974年写真集『音のない記憶』を刊行。1978年、87年アルル国際写真フェスティバルに招待される。
植田の作品は海外、特にヨーロッパでの評価が高く、1980年以降、展覧会、雑誌などで広く紹介される。
1996年にはフランス芸術文化勲章を受章。2000年逝去(享年87歳)。

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)
1912年パリ郊外ジャンティイ生まれ。エコール・エスティエンヌで石版工のディプロムを取得後、写真家
アンドレ・ヴィニョーの助手となる。ルノー社の産業カメラマンなどを経て1939年フリーとして活動を開始。
パリを中心に市井の庶民たちをとらえた写真で高い評価を得、1951年にはニューヨーク近代美術館で
開催された「5人のフランス人写真家」展の出品作家に選ばれる。日本でも、1950年代はじめから雑誌等で
紹介される。1992年、英国・オックスフォード美術館で大回顧展を開催。ニエプス賞(1956年)、
国内写真大賞(1983年)など受賞多数。1994年逝去(享年82歳)。

主   催:植田正治生誕100年記念事業実行委員会
共   催:伯耆町、伯耆町教育委員会
特別協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン、
       リコーイメージング株式会社、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
助   成:公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
       本展は、宝くじの助成を受けて実施しています
後   援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協   力:アトリエ・ロベール・ドアノー、エールフランス航空
企画協力:コンタクト

○同時開催(1F/生誕100年関連企画)

・第14回植田正治写真美術館フォトコンテスト入賞・入選作品展
10月5日(土)−10月28日(月)

・写真展「うえだ好き」
植田正治を敬愛する写真家やクリエーターたちによる、写真と言葉で綴る写真展
10月30日(水)−11月30日(土)

お問い合わせ先:
植田正治写真美術館  担当:北瀬、森
tel.0859-39-8000/fax.0859-68-3600

BACK  総合目次展覧会紹介>生誕100年特別企画展 子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー