EXHIBITION

3ヶ月にわたり開催されてきた「HOMAGE展」も残すは今日一日のみ。GARDENの運営など、多くのサポートを続けてきた私たちにとっても特別な時間になりました。ココ大山の麓は、昨日の雨とはうって変わり、秋晴れの青空。澄み切った空、うっすらとかかる雲が、大山の表情をさらにアーティスティックに演出します。最終日とあって、開館から徐々に来場者の数も増え、HOMAGE GARDENの方も大にぎわい。この日のみ限定で販売した幻の「大山生ハムプルーンパン」(写真)など150個を用意したHOMAGEパンがわずか3時間ほどで完売し、花文字、大山を背景に、本職のスタッフが無料で記念撮影するサービスも大繁盛。行列もできほどの盛況ぶりでした。

つづきはコチラ


BACK  総合目次HOMAGE「HOMAGE」レポート>ついにフィナーレ。 93日間の“感動”をありがとう!