SHOJI_UEDA

植田正治

写真界の巨匠・故・植田正治は、世界で最も注目された日本人写真家です。生地(鳥取県境港市)を離れず、山陰の空・地平線・そして砂丘を背景として、被写体をまるでオブジェのように配置した植田正治の演出写真は、写真誕生の地フランスで日本語表記そのままにUeda-cho(植田調)という言葉で広く紹介されています。もちろん、植田正治の作品はこのような作品ばかりではありません。70年近くに及ぶ作業活動を通して、我々に常に斬新で多彩なイメージを掲示しています。アマチュア精神を抱き続けた偉大な写真家の軌跡は、まるで日本の写真史そのもののようでもあります。




プロフィール

1913年
鳥取県西伯郡境町(現境港市)に生まれる。

1932年
上京、オリエンタル写真学校入学。
卒業後郷里に帰り19歳で営業写真館を開業。
日本光画会会員となる。

1937年
中国写真家集団創立同人となる。

1947年
銀龍社参加。

1950年
写真家集団エタン派結成。

1954年
第2回二科賞受賞。

1958年
ニューヨーク近代美術館出展。

1971年
写真集「童歴」刊行。

1974年
同年より約10年間「カメラ毎日」に「小さい伝記」連載。

1975年
日本写真家協会年度賞受賞。

1978年
文化庁創設10周年記念功労者表彰受賞。

1980年
「風景の光景」展開催。

1978年
フランス「第9回アルル国際写真フェスティバル」に招待される。

1980年
西ドイツ「フォトキナ写真展」に選ばれる。

1989年
日本写真協会功労賞受賞。

1975年〜1993年
九州産業大学教授を勤める。

1993年
東京にて大規模な個展を開催。
鳥取県岸本町に作品寄贈。

1995年
植田正治写真美術館開館。

1996年
フランスから芸術文化勲章を受章。

2000年7月4日
死去(享年87歳)

前のページに戻る  総合目次>写真家 植田正治