植田正治関連書籍販売について

植田正治関連書籍販売について

*図録「植田正治、イメージの軌跡」SHOJI UEDA 1913-2000
価  格  /2,571円(税込み)        

*帽子とステッキとコウモリ傘
価  格  /822円(税込み)                                                                                     

*植田正治写真美術館施設概要
価  格  /822円(税込み)    

*まなざしの記憶-だれかの傍らで
価  格  /2,700円(税込み)
著  者  /植田正治 鷲田清一
内  容  /
臨床哲学者・鷲田清一と国際的写真家・植田正治による究極のフォト・ダイアローグ。 
大胆な演出と構図、そして独特のシュールな感性で世界のファンを魅了してきた、わが国アート写真界の至宝・植田正治。
その膨大な遺作の中から、「やわらかな」哲学エッセイスト・鷲田清一が新たな視点で珠玉の75点を厳選し、
「哲学のこころ」を濃やかに投影したモノクロームのオムニバス。 
発  行  /TBSブリタニカ

 

*「聴く」ことの力―臨床哲学試論
価  格  /2,160円(税込み)
著  者  /鷲田清一
内  容  /
哲学の新たな可能性を追求する、注目の論考。
表紙と本文中に植田正治の作品を掲載。
発  行  /TBSブリタニカ

*植田正治 小さい伝記
価  格  /2,160円(税込み)
著  者  /植田正治
編  集  /仲田薫子(植田正治事務所)
       鶴田寛之(阪急コミュニケーションズ)
内  容  /
1974年から85年の12年間にわたり、雑誌『カメラ毎日』に13回発表されたシリーズ<小さい伝記>。
カメラのファインダーを介しての「小さいもの」たちとの触れあいを、今日に生きた証として、
各々の小さい伝記の1頁にと考えた写真家の日々の記録。
発  行  /株式会社 阪急コミュニケーションズ

*植田正治写真集 吹き抜ける風 
価   格   / 3,240円(税込み)
仕   様   / 版型B5変型、並製本カバー掛
総   頁   / 160頁(ダブルトーン132頁、カラー12頁、1色16頁)
総図版点数   / 126点(モノクロ作品113点、カラー作品13点)
編  集    / 金子隆一(東京都写真美術館専門調査員)
           神保京子(東京都写真美術館学芸員)
           仲田薫子(植田正治事務所代表・植田正治孫)
発  行    / 株式会社 求龍堂 
構成概要  /
  戦前/実験的なソラリゼーションや逆光撮影の試みなど
  1940-50年代/砂丘シリーズ
  1950-60年代/ものたち
  1955-70年/《童暦》
  1970年代/《小さい伝記》《風景の光景》《音のない記憶》
  1980年代/ベス単によるカラー撮影の試み《白い風》
  1990年代/オブジェ的表現の実験的カラー撮影《静物》
  1999年/亡くなる前年に撮影された《無題・黒い波》の連作

植田調のモノクロプリントの絶妙感、初期刊行物のグラビア印刷を彷彿させるような「黒」の効果を今日の印刷技術で再現することを目指して、植田正治事務所代表の仲田薫子氏と東京写真美術館・金子隆一氏の監修により、光村印刷がオリジナルの特色《UEDAグレー》を開発しました。本書では《UEDAグレー》を刊行物として初めて採用し、ダブルトーンにより植田正治の世界の真髄に迫ることもご注目いただけることと存じます。
 

*僕のアルバム 写真:植田正治
価  格  /2,484円(税込み)
著  者  /植田正治
内  容  /
植田正治の没後発見されたネガの束より編纂した妻を被写体とした1935-50年代の未発表写真。
発  行  /株式会社 求龍堂

*コロナ・ブックス CB植田正治の世界
価  格  /1,728円(税込み)
仕  様  /B5変形判(21.7cm)総ページ136
内  容  /
「砂丘」を舞台としたスタイリッシュでユーモラスな作品の数々。
そして山陰の地に留まり、「アマチュア」として撮り続けた、その自在な生き方。
初公開の自宅や家族の証言と共に、稀有の写真家の魅力を伝える。
発  行  /株式会社 平凡社

*コロナ・ブックス 作家の家                                                                価  格  /1,728円(税込み)
仕  様  /B5判 総ページ148
内  容  /小説家、アーティスト、写真家、建築家など15名の個性あふれる住まいを取材。吉田健一、山口瞳、澁澤達彦、立原道造、岡部伊都子、清家清、植田正治、長沢節、有元利夫、石井桃子など。
発  行  /株式会社 平凡社

*コロナ・ブックス 作家のおやつ
価  格  /1,728円(税込み)
仕  様  /B5判 総ページ128
内  容  /                                                                                                三島由紀夫、開高健、手塚治虫、池波正太郎、植草甚一、植田正治、向田那子など31人の作家が日頃食したお菓子やフルーツを紹介。甘さ、辛さのなかに作家の隠された素顔が現れる。                    
発  行  /株式会社 平凡社

*手から手へ
価  格  /1,296円(税込み)
仕  様  /B5変形判 総ページ32                                                                                          
内  容  /
詩人・池井昌樹の詩に出会った編集者が、写真家・植田正治の写真と引き合わせ、作り上げた<家族>絵本。親から子へ、人から人へ、言葉と想いを伝える一冊。
発  行  /集英社

*カコちゃんが語る植田正治の写真と生活
価  格  /1,944円(税込み)
仕  様  /B5判 総ページ205                                                                                          
内  容  /
弓ヶ浜、植田家の食卓、夏まつり、母のこと、終戦の日、風船ガム、、とんどさん、犬たち、ファッション道楽、リハビリetc.ー愛娘カコちゃんが、父・植田正治の日々の暮らし、撮影の秘密をはじめて明かす。1930-50年代撮影の未発表写真21点+代表作26点を収録。
発  行  /株式会社 平凡社

*印籠カメラ寫眞帖
価  格  /3,024円(税込み)
仕  様  /B5変形判 総ページ132                                                                                          
内  容  /                                                                                               優しく時を止める写真たち
最晩年の「植田調」秘蔵カラー作品。
2013年、生誕100周年を迎える植田正治。知られざる最晩年の作品を紹介。
雑誌『アサヒカメラ』に95年から97年まで連載され好評を博した写真エッセイ「印籠カメラ寫眞帖」の全作品(36点)に加え、同時代の秘蔵カラー写真をまとめて収録。
そこには入院中の身となっても日々写真を撮り続けた植田正治が晩年にみた日常のさりげない景色が広がります。                                               発  行  発 行 /青幻舎

*砂丘 LA MODE
価  格  /1,728円(税込み)
仕  様  /B6判 総ページ128                                                                                        
内  容  /                                                                                               
前衛的な演出の著者独自のスタイルは「Ueda-cho(植田調)」と称され、デザイナー、菊池武夫らのファッションカタログやポスターなど国内外で高く評価されており人気が高い。本書は初のファッション写真約70点を集めた、コンパクトサイズで手に取りやすい価格の1冊。また著者の出身地の鳥取にある植田正治美術館のガイド付き。     
発  行  /朝日新聞出版
 
*雲のうつくしい日に
価  格  /4,104円(税込み)                                                                                     
内  容  / 
植田正治の遺作。雲を遠くに望む山陰の凛として晴れやかな風景をカラーで所収する美しい佇まいの本。没後すぐ2000年暮れには、「雲のうつくしい日に。」展(植田正治写真美術館)というかたちで、「風景の光景」「小さい伝記」「童暦」「海辺にて・境港」などと共に披露された作品。
 
 
 
                                     

                                                                                                        

 

上へ戻る