八郷小1年生 笹舟で昔遊び体験

 八郷小学校の1年生が7月20日(月)、生活の時間に「笹舟作り」をしました。

 クラスの中で1人しか笹舟を作った経験がないということで、児童らは学校支援コーディネーターの山西修子さんから笹舟の作り方を教わりました。

 児童らは、笹の葉の端を折り返し、切れ込みを2か所入れるまでは難なくできましたが、切れ込み部分の両端を差し込む工程が難しかったようです。何度も挑戦するうちに慣れていき、30分後には2~3センチの小さな舟を作れるようになりました。1時間の制作時間で、5~16艘の笹舟が完成。その後、学校図書室の裏に流れる川へ移動し、自作の舟を流して楽しみました。

 1年生の笹舟作りに昨年から携わっている山西さんは「昔は地域のお兄さんやお姉さんから、笹舟や新聞で作る紙玉鉄砲の作り方を教わった」と話しました。また、児童らは「難しかった」「楽しかった」「作り方を覚えたので、笹があったらまた作りたい」と話しました。

 

ほうきフラッシュ11.jpg

ほうきフラッシュ14.jpg

ほうきフラッシュ20.jpg

ほうきフラッシュ23.jpg

ページトップへ