剣道指導で防犯功労者表彰

剣道を通して 思いやり・忍耐のある子どもへ

令和2年度防犯功労者に溝口剣道教室代表・光木義則さん(写真左)

まちのわだい1 光木さん.jpg

 令和2年度防犯功労者表彰式が10月29日(木)、黒坂警察署溝口幹部派出所で行われ、溝口剣道教室で代表を務める(みつ)()義則(よしのり)さんが表彰されました。

 光木さんは、小中学生が通う溝口剣道教室で平成16年から指導にあたり、平成24年からは同教室の代表として、剣道の技術だけでなく、心身の鍛錬、礼儀作法などを指導しています。また、令和2年1月から黒坂警察署少年健全育成指導員の委嘱を受け、青少年の犯罪・非行の防止活動に尽力されています。

 光木さんは表彰を受け「名誉ある賞をいただいて、うれしく思います。思いやりや忍耐力のある子どもが育つよう、剣道を通してお役に立ちたいです。私自身も恩師から教わったことですが、礼に始まり礼に終わるという剣道の精神を通して、相手を重んじる心を伝えていきたいです」と話しました。

ページトップへ