溝口保育所 おまつりごっこ

 溝口保育所で7月16日(木)から2日間、おまつりごっこがありました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、保護者を交えて毎年夏に開催している保育所の夕涼み会が中止となるなか、年長児に夏の楽しい思い出を作ってあげたいと先生らが企画しました。

 「わっしょい」の元気な掛け声とともに、年長児が手作りの神輿(みこし)を担いでステージから登場。年少・年中児もそれに負けまいと、手作りのうちわを振りながら「わっしょい」と答えて、応援しました。また、この日のために練習を重ねた『おばけの花火音頭』が流れると、おばけの真似をして飛んだり跳ねたりしながら、盆踊りをしました。

 その後、お面とシャボン玉がもらえるあてくじやおもちゃの金魚すくい、園児手製のたこやきやチョコバナナがもらえる屋台などで楽しい時間を過ごし、お祭り気分を堪能しました。

 園では、感染防止対策として密集を避けるため、おまつりに参加する時間や日程をクラス別に分けるなどの工夫をしていました。

 

 ▼年長児手作りの神輿

ほうきフラッシュ2.jpg

▼盆踊り

盆踊り2.jpg

▼金魚すくい

ほうきフラッシュ10.jpg

▼屋台コーナー

ほうきフラッシュ14.jpg

▼あてくじ

ほうきフラッシュ13.jpg

 

ページトップへ