伯耆町人権フォーラム2021

人権尊重のまちづくりを目指して

 「コロナ禍の中でも 人権の学びを続けよう!」というテーマで、人権フォーラム2021(第16回伯耆町人権・同和問題実践研究交流会)を12月5日(日)、鬼の館ホールで開催しました。昨年はコロナにより中止になりましたが、感染対策を行い開催することができました。
 フォーラムでは、人権啓発標語入選者の表彰や中学生による人権弁論、令和3年5月に行った町民人権意識調査の結果報告などを行いました。
 その後、全国各地で教育・子育て・人権問題に関する講演や一人芝居を行う福岡県福岡市在住の福永宅司さんが、夜間中学校に通う様々な境遇の生徒たちと教師の交流を描いた山田洋次監督の映画『学校』を、一人芝居で演じました。
 子どもから大人まで幅広い世代の参加者が、福永さんの感動的な芝居を鑑賞し、差別のない明るく住みよいまちづくりの大切さを共有しました。

 

▼人権啓発標語入賞者の皆さん

まちのわだい2 (写真1)人権啓発標語入選者の皆さん.JPG

 

▼語りかける福永宅司さん

まちのわだい2 (写真2)語りかける福永宅司さん.JPG

 

ページトップへ