令和2年度伯耆町戦没者追悼式

 伯耆町戦没者追悼式を9月3日(木)、農村環境改善センターの多目的ホールで開催しました。

 この式は、戦争の犠牲者に追悼の意を捧げ、戦没者遺族の労苦に敬意を表するため毎年開催していて、例年100人程度が参列します。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため参列者を制限し、町遺族会の米田(よねだ)(ゆたか)さん、野坂(のざか)弘道(ひろみち)さん、松田納彦さんのほか、森安(もりやす)(たもつ)町長などの6人で戦没者へ黙とうを捧げ、1人ずつ献花しました。

 遺族代表として野坂さんは追悼の辞で「最愛の人を失った悲しさ、寂しさ、辛さは一生忘れがたい。二度とあの過ちは繰り返さない」と、戦後75年の節目を迎え、不戦の誓いを新たにしました。

 

▼参列者全員で戦没者の冥福を祈り黙とう

まちのわだい5.jpg

 

▼1人ずつ献花

まちのわだい4.jpg

ページトップへ