国民年金の加入・喪失・種別変更の窓口

こんなとき 必要なもの ここへ
20歳になったとき(厚生年金や共済組合に加入している人を除く) ○日本年金機構から届いたもの(資格取得届書などの書類)
○印鑑

伯耆町役場
 (本庁舎)住民課
 (溝口分庁舎)分庁総合窓口課

厚生年金や共済組合のある会社等を退職したとき ○社会保険の資格喪失証明書
○年金手帳
○印鑑
共済組合のある会社等に就職したとき ○健康保険証
○年金手帳
○印鑑
厚生年金や共済組合に加入している配偶者に扶養されなくなったとき
(配偶者の退職、離婚等)
○年金手帳
○離職等年月日の分かるもの(場合により戸籍謄本)
○印鑑
世帯の所得が少ないために国民年金の保険料が納められないとき
(国民年金保険料免除申請、学生納付特例申請)
○一般・・・印鑑、失業の場合は離職票の写し又は雇用保険受給資格証
○学生・・・印鑑、学生証の写し又は在学証明書
国外から転入したとき ○印鑑
○年金手帳(ある方のみ)
年金を受給するとき
(65歳になったとき)
※ただし、国民年金のみの被保険者に限ります。
○年金手帳
○戸籍謄本
○住民票
○所得証明書
○請求者本人名義の通帳
○印鑑
○配偶者の年金証書(配偶者が年金を受給中の場合)
伯耆町役場住民課
厚生年金・共済組合等と国民年金の両方を受給する場合 ※事前に日本年金機構へご相談ください。 日本年金機構米子年金事務所
電話 0859-34-6111
障害基礎年金請求をするとき ※事前に担当課へご相談ください。 伯耆町役場住民課
国民年金に加入しなければならない人は、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方です。たとえ学生であっても加入して保険料を納付しなければなりません。
ただし、納付が困難な方は、保険料免除(猶予)制度や学生納付特例制度がありますので、申請してください。
なにも手続きをせず、保険料も納付しないでおくと、万一事故や病気で障害が残っても障害基礎年金が受けられません。また、将来受け取る老齢基礎年金も減額されてしまします。こんなことがおきないように必ず手続きしてください。
住民課・住民室
お問い合わせ
電話:0859-68-3115
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ ページトップへ ページトップへ