風しんワクチン予防接種

 風しんは、風しんウイルスが原因で、飛沫感染や接触感染でうつる病気です。妊娠している方が感染すると「先天性風しん症候群」を起こし、生まれてくる子どもに影響があると言われています。
 妊娠してからでは、風しんの予防接種が受けられませんので、妊娠を考えている方や、周りに妊婦の方がいる場合には、予防接種で感染を防ぐことが効果的です。妊婦さんと生まれてくる子どもを風しんから守るために、風しんワクチン予防接種の費用助成を行います。

風しん.JPG

※1) 風しん抗体価検査
 ①医療機関又は保健所にて無料で受けられます(医療機関は妊娠を希望する女性及びそのパートナーが対象)。この証明を受けていないと、予防接種費用の助成はできません。

※ 生活保護受給者は、いずれのワクチンも接種費用の全額を助成します。
※ いずれのワクチンも平成30年4月1日~平成31年3月31日までに接種したものが対象となり、医療機関の指定はありません。

【助成方法】

 下記の償還払のみの助成となります。

 医療機関では、接種費用の全額を支払っていただき、お手数ですが下記の手続きをお願いします。

【償還払手続方法】

 申請方法

  窓口申請  本庁舎 健康対策課健康増進室

        分庁舎 分庁総合窓口

 窓口申請に必要なもの

  ①「風しん抗体価検査証明書」(妊婦の夫以外)⇒医療機関または保健所で発行

  ②「風しんワクチン緊急接種事業接種済証兼領収証」⇒医療機関で領収証として渡されたもの

  ③口座のわかるもの(通帳等)

  ④認印(シャチハタは不可)

  ⑤母子手帳(妊婦の夫のみ)

【申請期限】

  平成31年3月31日まで

  (平成31年3月末に接種したものについては平成31年4月11日までに申請してください)

【注意事項】

 ・任意予防接種は予防接種法により接種が義務づけされていませんので、接種を受けられる際は、予防接種の効果と副反応をよくご理解いただいたうえで接種を受けてください。

 

 

 

風しんとは(厚生労働省)

2018/08/17
健康対策課・健康増進室
お問い合わせ
電話:0859-68-5536
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ