高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

平成26年10月から、高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種ワクチンに指定されました。
対象者には、個別で受診券等の送付を行います。

【肺炎球菌ワクチン】

肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が65歳以上の方です。
肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されます。

健康対策課・健康増進室
お問い合わせ
電話:0859-68-5536
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ ページトップへ ページトップへ