高齢者虐待を防止しましょう

「児童虐待」や「ドメスティックバイオレンス(DV)=配偶者からの暴力」と同様に、高齢者に対する虐待も全国的に大きな問題となっています。
このため、平成18年4月1日から「高齢者虐待防止法(高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)」が施行されました。

 

高齢者虐待とは

家族・親族など主として高齢者と何らかの人間関係にあるもの(医療機関・介護サービス事業者も含まれる)によって高齢者に加えられた行為で、高齢者の心身に深い傷を負わせ、高齢者の人権を侵害する行為のことです。
高齢者虐待は決して他人事ではなく、介護者の介護負担や家族関係上の問題などが重なった場合におこりやすくなります。

このようなことが虐待になります

高齢者虐待防止法では、高齢者への虐待として、次の5つの行為を挙げています。

■身体的虐待
たたく、ける、つねる、やけどを負わせるなどの暴力をふるったり、ベッドにしばりつけたりすること

■経済的虐待
日常生活に必要な金銭を渡さない(使わせない)、本人の不動産や年金、預金を取り上げて勝手に使ってしまうこと

■心理的虐待
怒鳴りつける、ののしる、悪口をいう、無視する、子ども扱いするなどの心理的苦痛を与えること

■介護・世話の放棄・放任
食事を与えない、入浴をさせない、オムツを交換しない、受診させない、劣悪な住環境で生活させるなど、介護をせず、ほったらかしにすること

■性的虐待
本人が嫌がる性的な行為やその強要をすること。排泄の失敗に対し罰として下半身を裸にして放置することなど

 

虐待かな?と気づいたら

虐待に気づいた人には通報義務があります。虐待を止めることは、虐待をしている養護者のためにも必要なことです。
もし、地域で虐待を疑うようなことに気づいたら、一人で悩まず相談窓口に相談しましょう。

 

【高齢者虐待相談窓口】

伯耆地域包括支援センタ 電話:0859-68-4632
※休日、夜間は 電話:0859-68-3111(伯耆町役場 代表電話)にお電話ください。

健康対策課・生活相談室
お問い合わせ
電話:0859-68-5535
FAX:0859-68-3866
お問い合わせフォーム
ページトップへ ページトップへ ページトップへ