読み込み中
写真01の説明文
写真01の説明文
写真02の説明文
写真03の説明文

タイトル用の文書枠

蛸舞式神事  たこまいしきしんじ

観る
イベント

服を脱いで、福来たる!日本三大奇祭のひとつ!

コピー用の文書枠

福岡神社では、「蛸舞式神事」という、伯耆町が全国に誇る伝統行事が毎年10月に行われます。 その昔、速玉男命が熊野灘(和歌山県)で遭難した際、大蛸に助けられ、無事吉備国(きびのくに)へと上陸。その後、この地を訪れたという故事にちなみ、このお祭りが行われてきました。 奇祭といわれる訳は、境内にある舞堂(まいどう)で、ふんどし一丁となった氏子たち(地元民)が、藁(わら)で作った蛸を掲げ持つ男を、神楽囃子(かぐらばやし)にあわせ幾度となく担ぎ上げ、藁の蛸の舞いを演じた後、丸梁(まるはり)に抱きついた主役の氏子を下から大勢で回転させるという世にも変わった神事であることから、昭和61年には鳥取県無形民俗文化財の指定を受けました。

神妙に儀式はスタート 大注連に込める祭神への想い

午後1時をまわる頃、神社本殿で秋季例祭の儀式が始まり、幅60cmのカラフルな凧をイメージ?した大注連(おおしめ)に祭神・速玉男命の御霊入れが行わます。その後、首に白布を掛けてシルクの白ネクタイを締めた礼服姿の氏子たちが藁草履(わらぞうり)を履き、神饌(神への供え物)や御幣を携えて石段を下り、舞堂へ。

そして、舞堂(神楽殿)の中で神聖な「大注連神事」が始まります。 お神酒や御幣、榊などを供えた祭壇に向かって宮司が祝詞(のりと)を奏上し、お神楽の笛や太鼓が厳かに奏でられるなか、つり上げられた大注連の綱を神官が操り、祭神の御霊が乗り移った大注連が上下し、祭神の舞いが披露されていきます。その光景は一種独特。伝統の舞いにしばし酔いしれるひと時です。

祭りは一気に「静」から「動」へ 衣裳を脱ぎ捨て、激しく舞い踊る

午後3時頃、いよいよ「蛸舞式神事」がスタート。ふんどし一丁の氏子たちは板間で車座になり、藁でつくった蛸を持った男が中央に進み、神聖な神楽囃子が流れるなか、12人の氏子たちが押し合いながらその男を何度も担ぎ上げます。藁の蛸を掲げ持った男は、立ったままの状態で、男たちに抱えられ、胴上げのように上下。蛸の足の8本にちなみ、8回天井に突き上げられ、そのたびに藁蛸は海中で舞っているかのように激しく揺れ動きます。
ちなみに、藁の蛸を持った男を担ぎ上げるのは“海が静まった”様子を表現し、反対に舞堂の中で押し合うのは、“海が荒れている”様子を表しているのだそうです。

蛸のように丸梁に吸い付き 汗だくで回されること数十回転!

そして、真打ちの登場で、クライマックス「丸梁」へ。丸梁にまたがり、抱きついた蛸役の1人を、足役8人が丸梁のまわりを回転させるこの神事は、奇祭そのもの。一気に祭りはフィナーレへと向かいます。神楽の笛と太鼓が厳かに鳴り響くなか、全員が「そーれ、そーれ」と掛け声を掛けながら、丸梁をぐるぐると回していきます。一度に8回転させ、この工程が何度も繰り返されるため、堂内は異常なほどの熱気に。この神事は、祭神が大蛸に助けられたことに感謝して、その喜びを表現したもの。願主が梁のまわりを回るのは、蛸が船のへさきで航海の無事を喜ぶ様子を表していると言います。

“服”を脱ぎ捨て、“福”が舞い降りる これこそが「裸踊り」の醍醐味!

神事を無事終えた男たちの中からは、毎年「福男」が選ばれます。神官からは、全員に祭神が口にされた神饌のお神酒(おみき)が振る舞われ、お守り札などが贈呈。わずか数時間の祭り絵巻。 まさに、これこそが伯耆町の“お宝”。小さな古社に語り継がれる偉大な祭りをぜひ一度目の前でご覧になってみませんか?

お問い合わせ用文書枠

蛸舞式神事開催概要

開催地 福岡神社
開催日時 10月中旬予定
祭典 午後1時すぎ~ 蛸舞式 午後3時頃~
平成25年度:10月20日(日)
TEL 0859-62-0712(伯耆町教育委員会 生涯学習室)

より大きな地図で 福岡神社 を表示

イベント情報用文書枠

ここで体験できます!開催地情報

福岡神社(蛸大明神)・蛸舞神事(日本三大奇祭)

観るイベント

日本三大奇祭の舞台!「たこさん」「蛸大明神」として地元民に親しまれる神社。

近隣施設用文書枠

ここも行ってみる?近隣施設

源流どぶろく 上代

食べる 買う

鳥取初のどぶろく特区!地元産の酒米と鎌倉山の地下水のコラボレーション!

日本最古の鬼伝説と鬼がいる風景

観る

鬼伝説のお膝元・溝口エリアには、鬼にまつわる様々な名所、逸話が満載です。